高血圧と診断されたあなたへ|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

高血圧と診断されたあなたへ

こんにちは!一生自分の足で歩けるカラダ作りの専門院KenKen接骨院の青森です!

 

本日のタイトルは高血圧と診断されたらということでお送りいたします。

 

 

あなたや、

あなたの家族に

高血圧と診断された方は

いらっしゃいますか?

 

 

私は仕事柄、

高血圧の方をよく見かけます。

 

 

もし、

今度の健康診断で

高血圧と診断されたら

あなたはどうしますか?

 

 

今日は

高血圧と

診断された場合の

生活・運動に関する

注意点をご紹介します。

 

 


日常生活でのポイント


 

 

まず、

高血圧と診断された場合

息苦しい・動悸がする・頭痛などの

自覚症状があるかどうかを確認します。

 

 

自覚症状があれば

薬を服用して、医師の指示に従いましょう。

 

 

自覚症状がない場合、

とにかく生活習慣の見直しから

徹底的に行いましょう!

 

 


【禁煙】


煙草はやめましょう。

百害あって一利なし。

 


【睡眠】


自分に合った良質な睡眠を確保しましょう。

 


【ダイエット】


肥満は万病の元です。

死のリスクを高めるだけなので、

できるだけ、BMI24以下を目指しましょう。

 


【ストレス】


ストレスは血圧を高める最大要因です。

あなたに合ったストレス解消法を見つけましょう。

 


【気温の変化】


急に寒い場所へ行くなど、

気温の変化が激しい時期は気をつけましょう。

 


【塩分】


成人に必要な塩分量は11.3g。

高血圧ガイドラインでは6g以下とされています。

塩分に気を配った食生活を始めましょう。

 

 


運動療法のポイント


 

 

運動療法なんて大げさな言い方してますが

ようするに有酸素運動をししましょうというだけのことです。

 

 

有酸素運動をすることによって

心臓や血管、全身の血流量が増え、

心肺機能が向上します。

 

 

心肺機能の向上により

大動脈の血管の壁に圧がかかり、

血管の壁の伸び縮みする力、

「血管壁の伸展性」を向上させます。

 

 

この伸展性の向上は

血管内の抵抗力を下げて、

血圧を下げることを助けます。

 

 

この継続的な運動による

血管伸展性の増大によって

血圧の低下をもたらす事実は

高血圧患者に有酸素運動をする

十分な動機付けになると思いますが、

高血圧と診断される前から有酸素運動により

予防することの方がより重要であることは

言うまでもありません。

 

 

今、このブログをご覧になっているあなたが、

この瞬間から自分の健康のために有酸素運動を

始めることを誓ってくれていると願っています。

有酸素運動有酸素運動

ページトップへ戻る