夜食べると太るはホント?|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

夜食べると太るはホント?

こんにちは!一生自分の足で歩けるカラダ作りの専門院KenKen接骨院の青森です!

 

本日のタイトルは夜食べると太るってホント?ということでお送りいたします。

和食

あなたは夜食べると太ると思っていますか?

多くの人がこの勘違いをしてしまっています。

断言しますが、夜しっかり食べることは大切なことです!

私たちの体は、自然のリズムを持っており、そのリズムに従って生きる方が体に負担なく生きられることになります。

自然のリズムとは24時間を3つのサイクルに分け、それぞれ摂取・吸収・排泄の活動を行います。

このリズムによると、AM4:00~正午までが排泄の時間、正午~PM8:00までが摂取の時間PM8:00~AM4:00までが吸収の時間とされています。

 

日本人の昔ながらの食卓を思い浮かべてみて下さい。

朝は前日の冷やご飯と漬物と味噌汁

昼は弁当(前日の残り物や日の丸弁当・・・笑)

夜に一番品数の多い食事

 

という具合に、効率よく摂取の時間に一番栄養素の多い理想の食事をしていたことが分かります。

 

このように、3つのサイクルからもみても、日本の昔ながらの食卓からみても、夜しっかり食べることがとても体にいいことなのです。

たしかに、深夜のラーメンや、栄養バランスの悪い偏った食事はどんな場合でもよくないですが、夜食べると太るを信じて、夜の食事を少なくするのは間違いで、栄養のバランスを考えた食事をしっかりとることが健康的な体を作り、太りにくい体質に変えてくれるのです。

一般的には仕事をしていたり家事や育児をしながらの場合、昼食に時間をかけられないことの方が多いと思いますが、昼食を比較的ゆっくり取れるという方は、正午以降にしっかり食べることを実践しても構いません。

また、このサイクルを意識して食事をしていると、腸の働きに余計な負担がかからず便秘などの解消にもつながります。

朝しっかり食べてしまうと、まだ排泄していない詰まった腸の管の中にさらに物を詰め込むことになり、排泄の時間に吸収を促し余計な負担をかけ、排泄がしっかりできない状態を作ってしまうのです。

これでは便秘になっても仕方ありませんね。

体を作っているのは100%食事です。

食事の栄養バランスを考えるのは当たり前ですが、食事の時間を3つのサイクルで考えて食事の内容を換えてみることにもトライしてみて下さい!

ページトップへ戻る