運転中の膝と腰の秘密の関係とは?|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

運転中の膝と腰の秘密の関係とは?

こんにちは!足健康があなたの「楽しい!」を支える!

歩行専門院KenKen接骨院の青森です!

 


本日のタイトルは運転中の膝と腰の秘密の関係ということでお送りいたします。


 

 

いきなりですが

運転中にペダルを踏むとき

膝がのびきってしっているあなた!

腰痛要注意!「黄色信号」です。

 

 

もしかしたら

もう腰痛が出ている方もいるかもしれません。

 

 

それくらい

運転中の膝と腰は関係が深いです。

その関係を詳しく見ていきましょう。

 

 

まず、

ペダルを踏んで

膝がのびきった時

どんなことが起きていると思いますか?

 

 

椅子でもいいので

お尻をしっかり奥まで座って

片足の膝を伸ばします。

 

 

そこから

ペダルを踏むイメージで

つま先を伸ばしてみて下さい。

腰が背もたれから離れていきませんか?

 

 

そうです。

腰が動くんです。

 

 

専門的には

腰椎が伸展するといいますが、

腰の背骨が反ってしまいます。

さらに悪いのは、捻じりまで加わってしまうことです。

 

 

高速道路では反りっぱなし・・・

一般道路では反りを繰り返している・・・

 

 

という状態になっているのです。

 

 

とても

腰にいい状態とは言えないですね。

 

 

ではどうするのか?

 

 

まず、

お尻をしっかり奥まで座ったら、

座面のレバーを引いてペダルの踏みやすい位置に

かかとを置きます。

pedaru

 

そのかかとの位置をキープしたまま

膝が軽く曲がっている位置までシートをスライドさせて調節します。

pedaru2

 

膝や足首の関節に

違和感がない定位置で

軽く曲がっている位置が最適な位置です。

 

 

何度か

スライドさせてみて

自分に合った位置を探してみて下さい!

きっと運転しやすい気持ちのいい位置が見つかるはずです!

 

 

ポイントは

膝と足首が軽く曲がっていること、

足に違和感を感じない位置であること

のふたつです。

 

 

ぜひ試してみてください!

 

 

本日もブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

 

明日は、

4.どの程度ボンネットが見えていますか?

をお伝えいたします。

 

 

これも

意外と知らない

腰痛の元凶になるポイントです!

ぜひお楽しみに!

ページトップへ戻る