膝に痛みとヒアルロン酸注射|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

膝の痛みとヒアルロン酸注射

こんにちは!一生自分の足で歩けるカラダ作りの専門院KenKen接骨院の中原です!

キャプチャヒアルロン

本日のタイトルは膝の痛みとヒアルロン酸注射ということでお送りいたします。

 

まず、膝の痛みにヒアルロン酸注射は有効か?という事ですが、様々な論文や意見があり、変形初期から使用される日本と、進行してから使用される欧米とでは研究以前の使用実態に違いがあり、早期の変形には有効とする研究、効果なしとする研究が両方存在し、はっきりと有効性を判断するのは難しいといわざるを得ません。

また、膝の痛みのリハビリで常識とされる太ももの筋肉をつけることに関しても、全ての人が筋力低下によって痛みが出ている訳ではないので、言われた体操を素直にやっているのに痛いまま、効果がない・・・といったこともよくあることです。

膝の関節の中には、ネバネバした関節液という液体があり、その液体が異常に分泌された状態が「水が溜まった」と表現される状態です。この水がたまった状態になると、関節を包んでいる膜に内側から風船が膨らむように圧がかかります。この圧がかかると膝がだるくなったり、重たく感じたりするようになります。

そもそもヒアルロン酸注射は、この異常に分泌されて溜まってしまった液体をまず注射器で抜き、代わりにヒアルロン酸というネバネバした関節液に近い液体を関節に補充して、関節にかかる圧を減らすようにしているだけです。

ヒアルロン酸はしばらくすると体の中に吸収されて、また関節液が異常に分泌されるようになります。そうなると水を抜いては溜まるをくり返すことになり、結局何度も注射を打つことになります。

そうならないようにするためには筋肉の機能を高めて膝の関節が正しく動き、関節に水が溜まるような負担がかからなくなるようにする必要があります。

膝の関節が正しく動くためには、正しく動くための良い状態を作らないといけません。

つまり、筋肉などがこわばって硬くなっていたり、筋肉自体が細くなって力が弱くなっていては正しく動かすことはできません。

本日は膝関節の状態を自分で確認できる方法を動画でご紹介していますので、膝に痛みのある方は、ぜひチェックしてみてください。

手や足にシビレのある方、今現在じっとしていても痛みのある方は、実践する前に専門家にご相談ください。

KenKenでもご相談いただけますので、お気軽にお電話・メールを頂ければと思います。

メールする

では、実際にエクササイズをご覧ください!どうぞ!

ページトップへ戻る