疲れにくい体を作る!魔法のドリンクの作り方教えます!|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

丈夫な足と健幸習慣を手に入れ、死ぬまで旅行を楽しむ方法

疲れにくい体を作る!魔法のドリンクの作り方教えます!

こんにちは!

 

KenKen接骨院の

青森です。

 

今日は、

LINE限定の

情報をお伝えしていきます。

 

 

人の体は

100%食べたものから作られます。

 

これは、誰が何と言おうと

変えられない事実です。

 

 

ということは、

食べ物を選ぶのは

健康な体づくりの上で

最重要項目ということです。

 

 

しかし、インターネットをみても

食に関する情報は溢れかえり、

どれが本当なのか分からない。

 

 

ベタなところで

食品添加物についてみても、

 

添加物や農薬を使わない

自然なものを食べることを目指す

『マクロビオティック』

の普及に努める

【正食協会】

http://www.macrobiotic.gr.jp/

 

自らをキチガイ医と称し

薬を使った医療を否定し、

添加物・農薬も否定する

【内海聡(医師)】

http://touyoui.blog98.fc2.com/

 

 

添加物の安全性や必要性を主張し、

無農薬・無添加に警鐘鳴らす

【日本添加物協会】

http://www.jafaa.or.jp/

こちらの協会では、

無農薬や無添加を勧める団体の主張を

データや論文を用いて論理的に猛反論しています。

 

 

ではどれがいいのか?

 

 

それは

 

 

『やってみないと分からない』

 

 

のです。

 

 

は?

 

 

そんなこと聞くために

このブログ読んでんじゃないぞ!

って怒られそうですが、

私自身も医学的な文献や論文を

読んでみて出てきた結論なんです。

 

 

実際に論文や文献に記載されている

データの信頼性というのは、

データの対象者の数、検証方法の妥当性、

統計処理の方法などで信頼できるかどうかを判断します。

 

 

このどれかが間違っていれば

偏ったデータが出来あがってしまうこともあるのです。

 

 

残念なことですが、

大手の製薬会社での事件もあり、

大企業がからむ研究に関しては、

莫大な費用がかかっているので

どうしても結果を出さなければならないなどの

プレッシャーがあることも事実です。

 

 

そういったことを考えると、

どちらを選ぶかの基準は、

自分の体に合うかどうか?

になるのです。

 

 

ただ、このブログを読んでくださっているあなたには、

無駄な時間と努力をして欲しくないので、

私が試した経験、

私の家族・KenKenのスタッフが

試した経験によって

これは良い!と思ったものを

皆さんにご紹介します。

 

 

経験上、みんなに効果があり

ネガティブな結果がなかったものだけに

絞ってお伝えするので、

ぜひ試してみて下さい!

 

 

ただ、私たちには良くても

あなたには合わないことも

必ずあります。

 

 

そんな時は

速やかに中止して下さいね!

 

 

そして、

これはあくまでも

自己責任に範囲で行ってください。

 


疲れにくい体を作る!魔法のドリンクの作り方


 

それでは、

第1回目の今回は

疲れにくい体を手に入れる!

魔法の栄養ドリンクの作り方!

 

 

このドリンクの威力はすごい!

 

 

今まで、子どもを一人で1日面倒見る日は

夕方になる前には、一刻も早く

妻に帰ってきてほしい!と思うほど

くたくたになっていました。

 

 

しかし、このドリンクを飲み始めてから

子どもを安佐動物園に連れていき、

昼ごはんも外で食べて、

子どもの昼寝の間に夕飯の準備をして、

夕方には子もと一緒に、妻を迎えに行き、

夕食を済ませ後片付け、お風呂、寝かしつけまでやっても

疲れてへとへとになるなんてことはなくなりました!

 

 

仕事でも、就業時間が近づくにつれ

足のだるさや、肉体的な疲労を感じていたものが

全くと言っていいほどなくなりました。

 

 

このドリンクは本当にすごいと思っています。

 

 

そのドリンクの名前は

『卵醤(らんしょう)』

卵と醤油を混ぜた

『食養』に用いられるものです。

 

 

食養とは、

食べ物で病気を治したり

弱った体を元気にしたりする

食事で体を治療することを指します。

 

 

この卵醤を食欲のなくなった

末期がんの患者さんに3日間飲ませると

食欲が戻るといわれています。

 

 

本当にがん患者さんの

食欲が戻るかどうかは分かりませんが、

私が疲れにくくなったのは事実です

 

 

では作り方をご紹介します。

 

 

まず、用意するものは

平飼いの有精卵

無農薬・無添加の伝統的な作り方でできた醤油

この二つを用意して下さい。

この二つは自然派食品のお店などに行けば

揃っています。

 

 

ちなみにKenKenでも

醤油は購入できますよ!

 

では作り方ですが、

まずは湯飲みか、

深めの容器に卵を割り入れます。

 

次に半分に割った卵の殻に

なみなみと醤油を注ぎ、

卵に投入!

 

 

それをしっかりとかき混ぜて

一気に飲み干します!

 

 

最初は醤油の量に

ちょっと抵抗感を感じると思います。

 

 

実際、飲んでみても

のどに醤油感が残り、

「っか~!」ってなりますから。。。

 

 

でも安心してください。

 

 

すぐに水を飲んでしまえば、

その後のどが渇くこともなく、

気にもなりません。

 

 

塩分が気になるという方も

いらっしゃると思いますが、

血圧の高い方は半量の醤油から

試してもらえば大丈夫ですし、

血圧が正常な方は、醤油に使われている

塩はミネラルを多く含んだ自然の塩なので

体外で悪く作用することはありません。

 

 

実際、私も飲む前後と1時間後、

2時間後と血圧を測っても変化はありませんでした。

 

 

厚労省の決めた6g~8gという数値は

アジ○オなどの生成された塩を想定して

決められています。

 

 

本来の天日塩や岩塩には

ミネラルが多く含まれているので

同じ量を舐めてみてもしょっぱさは少ないです。

 

 

しかもミネラルと一緒に摂取するので、

不要な塩分はしっかりと排泄されます。

 

 

安心して試してみて下さい。

 

 

ただし、調子が悪くなったり

不快な感覚がある場合はすぐに中止して

少し多めの水を飲んで様子を見て下さい。

 

 

今回は、

疲れにくい体を作る

魔法の栄養ドリンクを

ご紹介しました!

 

 

次回も健康な食について

ご紹介しますので、

ぜひお楽しみに~!

 

ページトップへ戻る