産後の尿モレ、トレーニングの前にすべきこと!|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

産後の尿モレ、トレーニングの前にすべきこと!

こんにちは!足の健康があなたの「楽しい!」を支える!

歩行専門院KenKen接骨院の青森です!

 

 

巷にあふれる健康法やダイエット法が

体に与える影響を、実際に実践してみて

専門的な目で分析し、分かりやすく皆様にお伝えします。

 


健康寿命習慣実践レポート~一日30分のウォーキングで起こる体の変化編~


%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%82%92%e3%81%84%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%ac

いつやるか、今でしょ!

ふ、古い・・・


【一日30分ウォーキング生活23日目】


nyoumore

 

本日は

産後の尿モレについて・・・

ちなみに中年以降の尿モレも

同じ理由が考えられますので、

気になる方は、ぜひお読みください!

 

 

産後の

尿モレですが、

一般的な情報では

原因が子宮による膀胱の圧迫と、

kotubanteikin

骨盤底筋の緩みとされ、トレーニングが推奨されますが、

本当に正しいのでしょうか?

 

 

 

出産を経験された方なら

よく分かっていると思いますが、

自然分娩の場合、お産をスムーズにするため

会陰切開というものをします。

einnsekkai

 

この会陰切開をすることによって

排便や排尿をコントロールする骨盤底筋まで損傷します。

 

 

会陰切開で

骨盤底筋という

筋肉を切ってしまうと

縫合した組織どうしがくっついたり

修復された筋肉が硬くなったりします。

 

 

なので

一般的に言われている

骨盤底筋が

緩んで力が入らない

というのは考えづらく、

硬くなって筋肉がうまく動かせない

という状態の方が自然な考え方になります。

 

 

リハビリの

セオリーとして

筋肉の損傷である肉離れの後は、

筋トレ開始前に必ず筋肉の柔軟性を確保します。

 

 

これをしないと

ケガの再発率も上がるうえ

トレーニングの効果もほとんど得られません。

 

 

しかし、

出産後になると、いきなり

骨盤底筋のトレーニングを始めることがあります。

 

 

なぜ骨盤底筋は

柔軟性を確保することなく

筋トレを始めることがあるのでしょうか?

 

 

不思議ですね。

 

 

KenKenでは

産後の尿漏れに対して

骨盤底筋をゆるめる治療からはじめ、

骨盤の安定化を目的としたトレーニングへと

徐々に移行していきます。

 

 

そのため

産後の骨盤の調整~骨盤底筋のトレーニングまでと、

産後の体形戻しや腰痛予防などを

治療の流れとして受けられるので

骨盤を調整しにあっちへ行き、

体型を戻すためにこっちへ行き、

と別々のところに通う必要がなく、

ゴール設定や治療過程での体の管理も

一貫して行えるというメリットがあります。

 

 

しかも!

キッズスペースがあるので

安心して子供と一緒に来院していただけます!

 

 

産後、どうも腰の調子が悪い

体型がなかなか戻らない・・・

 

 

そんなお悩みをお持ちの方や、

周りに産後の方がいらっしゃる場合

ぜひお気軽にご相談ください!

 

 

では、

実践レポートの報告です!

 

 

レポート経過日数

 

【ウォーキング内容】

歩行時速:3.2㎞

歩行時間:41分

実施時間:14:00~14:40

公園内を子どもと遊ぶ

 

【食事内容】

朝:自宅

主菜:ベーコンエッグ

副菜:生野菜サラダ

主食:ごはん

 

昼:ピクニック

主菜:

副菜:

主食:むさしの花かご弁当

 

夕:自宅

主菜:

副菜:

主食:かぶの和風パスタ

 

【水分摂取】2L

【就寝時間】3:00

【起床時間】7:00

【体の状態】可

【目覚め】良

【寝つき】優

【日中の眠気】あり

【集中力】可

【空腹感】あり

【活動意欲】良

【疲労感】あり

 

 

土曜日は

久しぶりに

流川をうろついていました。

 

 

夜の街も楽しいですね!

 

 

ぜひお楽しみに!

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る