産前産後に激変する!女性ホルモンとは?|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

産前産後に激変する!女性ホルモンとは?

こんにちは!広島の産後ママの健康と笑顔を守る!

広島市中区本川町にあるKenKen接骨院の青森です!

 

 

巷にあふれる産後健康法やダイエット法が

体に与える影響を、専門家の立場から医学的に解説し分析して、

分かりやすく皆様にお伝えします。

 

 


【産前産後に激変!女性ホルモンって何?】


 

 

今回は

女性ホルモンとは?

について解説していきます。

 

 

あなたは

女性ホルモンって

何かご存知でしょうか?

 

 

女性ホルモンとは

エストロゲン(卵胞ホルモン)と

プロゲステロン(黄体ホルモン)のこと。

 

 

エストロゲンは

主に妊娠するため

体の準備を行うホルモン。

 

 

プロゲステロンは

妊娠を継続するために

働くホルモン。

 

 

というように、

ふたつのホルモンは

役割がそれぞれで異なります。

 

 

では、それぞれの

作用を詳しくみてみましょう。

 

 

この比較表からも分かるように

エストロゲンとプロゲステロンは

相反する作用を持ち合わせているのです。

 

 

また、

エストロゲンは美肌ホルモン

プロゲステロンはブスホルモン

と呼ばれることもあり、

肌の代謝に関しても全く違う働きをします。

 

 

では、

妊娠から出産までの間

このホルモンがどのように働いているのか

ということですが、

 

 

エストロゲンは

月経が終わるころから

排卵前にかけて多く分泌され、

基礎体温を下げます。

 

 

エストロゲンの

分泌の多い時期を

卵胞期と言いますが、

この時期は心と体が安定しやすい時期で、

お肌のコンディションも整いやすいでしょう。

 

 

 

 

プロゲステロンは

排卵後から

次の月経がはじまるまでの間に

分泌されます。

 

 

分泌が増える

黄体期と呼ばれる時期には

体温が高くなり、精神的に

不安定になりやすい傾向があり、

肌荒れやニキビもできやすい時期です。

 

 

この症状が重くなると

PMS(月経前症候群)となります。

 

 

妊娠中は

どちらのホルモンも

通常よりも分泌量が増え

母胎を守り、安全な出産のために働きます。

 

 

出産後は

どちらも必要無くなるため、

正常なバランスの戻そうと

急激に減少し、通常の量を下回ってしまいます。

 

この急激な

変化に対して体がついていけず、

様々な不調が現れる原因になります。

 

 

また、

エストロゲンには

髪の毛の成長を促す作用もあるため

急激な減少により、髪の毛が抜けてしまうこともあり、

産後抜け毛で悩む方の多くがこのためです。

 

 

女性ホルモンは

生理周期とは別に

年齢によっても分泌量が変化します。

 

 

年齢と共に

卵巣の機能が低下し

それに伴い脳からの指令に

卵巣が答えられなくなり

ホルモン分泌量が減ります。

 

 

いくら指令を出しても

分泌量が増えないことに、

脳がパニックを起こし、

自律神経の乱れを生じさせることで

更年期障害の症状が現れることになります。

 

 

このように

女性ホルモンのバランスは

生理周期や妊娠・年齢によって

変化していますが、

 

 

実は

一生をかけて

分泌される量は

ティースプーン1杯程度。

 

たった

それだけの

ホルモンの量に

体の状態が大きく

左右されていると

考えると、驚きですね。

 

 


ホルモンのバランスを整える食品


 

 

ホルモンバランスを

整えるためにはホルモンに

良い影響を与える食品・栄養素をとることを

心がけてほしいものです。

 

 

女性特有の

疾患につながりやすい

ホルモンバランスに関わる

事ですので、健幸のため

積極的に摂取してみてください!

 

 


大豆食品

大豆イソフラボンは

女性ホルモンと同じ働きをして

ホルモンバランスを整えます。

 


ビタミンB6

カツオやマグロに含まれ、

エストロゲンの代謝に働きかけます。

 

 


ビタミンE

アーモンドやナッツ類に

多く含まれ、分泌をコントロールし、

強い抗酸化作用で美肌にも効果的。

 

 


アボカド

マグネシウム、ビタミンE.B、葉酸

食物繊維、カリウムなどがホルモンの維持

代謝を促し、バランスを整えます。

 


ココナッツオイル

ラウリン酸が

ホルモンの生成に重要な働きをします。

 


バター

ビタミンA.D.E.K2

がホルモンの構築に必須です。

 

 


卵黄

卵黄に含まれる

ビタミンA.D.E.B2.B6.B9

鉄、カルシウム、カリウム、リン、コリン

などが生殖器系、ホルモンバランス、肌の健康を維持するのに不可欠です。

 

 


いかがでしょうか?

ぜひ日頃の食事にプラスして

ホルモンバランスを整え、健幸に過ごしてくださいね!


KenKenの骨盤矯正を受けてみたい!

無料骨盤チェックで体の状態を確認したい!

そう思った方はぜひこちらをご覧ください!

産後骨盤矯正&フェイシャルの体験について

無料!骨盤チェックで自分の状態を確認しよう!

 

P.S

産後ママのあなたへ

出産という、とてつもない

経験をして、肉体的にも精神的にも

ダメージが残る中、すぐに家事に育児と奮闘されている方も

多いと思います。

 

 

確かに

子どもにとって

母親はあなただけです。

だから頑張るのは当然!

その気持ちはとても素晴らしいし、

尊敬します。

 

 

でも、

同時に頑張りすぎていないか

心配になります。

 

 

子どもにとって

母親はあなただけ…

だからこそ、

お母さんにも健康で笑顔でいてほしいのです。

私はそのお手伝いをしたいと思っています。

 

 

自分ができない範囲を

人に頼るのは悪いことではありません。

 

ぜひ頼れるところを見つけて

頼ってくださいね。

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る