熱中症対策のための食事法!|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

熱中症対策のための食事法!

こんにちは!一生自分の足で歩けるカラダ作りの専門院KenKen接骨院の青森です!

 

本日のタイトルは熱中症対策のための食事法ということでお送りいたします。

 

前回、

熱中症の時には

体の水分だけでなく、

ミネラルも不足するとお伝えしました。

 

 

この、

ミネラルですが

Wikipediaによると

日本では13元素(亜鉛カリウムカルシウムクロムセレンナトリウムマグネシウムマンガンモリブデンヨウ素リン)が健康増進法に基づく食事摂取基準の対象として厚生労働省により定められている。

 

 

とされています。

 

 

「食事摂取基準」

という言葉がありますね。

 

 

ミネラルは

体で作り出すことの出来ない

栄養素です。

 

 

体で作れないという事は、食べ物で

摂らなければならないという事です。

 

 

では、

どんな食品に

ミネラルが多く含まれているのか?

先に答えを言いますが、ズバリ和食です!

熱中症対策の食事法は和食が最高なんです!!

 

 

では、

具体的に

どんな食材が

ミネラルが多いか

ランキングをみてみましょう!

 

 

第5位 切り干し大根

切干大根

切り干し大根には、カルシウムが540mg、ナトリウムが270mg、カリウムが3200mg、リンが210mg、鉄が9.7mg含まれています。日に干された大根は、水分が抜けて栄養が凝縮されていますし、かさが減って量も食べやすくなるので、こまめに食事に取り入れたいところです。

 

 

第4位 カットわかめ

カットわかめ

カットわかめには、カルシウムが440mg、ナトリウムが27.6mg、カリウムが9500mg、リンが820mg、鉄が290mg含まれています。カリウムの含有量が大変多いです。他のミネラルも豊富で、みそ汁の具にしたりうどんやラーメンに入れるなど、手軽に摂りやすいのが便利ですね。

 

 

第3位 焼きのり

焼きのり

焼きのりには、カルシウムが2400mg、ナトリウムが8.3mg、カリウムが530mg、リンが280mg、鉄が700mg含まれています。カルシウムと鉄の含有量が素晴らしいですね!毎日のご飯のお供に焼きのりは最適ではないでしょうか。

 

 

第2位 うるめいわし

うるめいわし

うるめいわしには、カルシウムが570mg、ナトリウムが2300mg、カリウムが820mg、リンが910mg、鉄が4.5mg含まれています。桜えびに比べるとカルシウムはやや少なめですが、大変ミネラルが豊富な食品です。粉末状になっている小魚をいつも持ち歩き、外食でもみそ汁やご飯などにかけてこまめに摂っている方もおられますよ。

 

 

第1位 桜エビ

桜エビ

桜えびには、カルシウムが1500mg、ナトリウムが3400mg、カリウムが680mg、リンが860mg、鉄が3mg含まれています。どのミネラルもバランスよく豊富に含まれていますね。大量に食べられるものでもないので、少しずつ料理に混ぜながら摂るとよさそうです。

 

 

どうですか?

和食バンザイって

叫びたくなるような

ラインナップになっていますね!

 

 

また、第6位には

納豆がランクインしています。

 

 

切干大根の煮物に

うるめいわしを焼いて

納豆に焼きのりをトッピング

わかめの味噌汁に桜エビを散らして

 

 

これで

熱中症対策にもなる

最高の和朝食が出来ました。

 

 

いかがでしょうか?

今日から取り入れられそうな

食材ばかりです。

 

 

特に、

海産物や

ナッツ類に

ミネラルが多く

含まれているので

意識して取り入れてみて下さい!

 

 

家族の夏の体調管理に、

頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

 

次回は、

熱中症になった時の対処法を

お伝えします!

お楽しみに~!

ページトップへ戻る