未病を制するものが、健康寿命を制する。|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

未病を制するものが、健康寿命を制する。

こんにちは!足の健康があなたの「楽しい!」を支える!

歩行専門院KenKen接骨院の青森です!

 

 

巷にあふれる健康法やダイエット法が

体に与える影響を、実際に実践してみて

専門的な目で分析し、分かりやすく皆様にお伝えします。

 


健康寿命習慣実践レポート~一日30分のウォーキングで起こる体の変化編~


%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%82%92%e3%81%b9%e3%82%93%e3%81%8b%e3%81%84

 


【一日30分ウォーキング生活23日目】


 

 

未病という言葉が

新聞やテレビで聴かれるようになっています。

 

 

未病って

どんな状態?

と一般の方には

まだまだ浸透していない

未病について解説していきます。

mibyou

 

未病とは、

「未だ病にあらず」

と書き、病気でないけど

健康でもない。という状態。。。

o0400028013467314026

 

意味わかりませんよね。

 

 

調べてみると

日本未病研究学会による定義というものが

存在していました。

 

 

これによると、

伝統的には自覚症状があるが検査は異常なしの場合も、

自覚症状はないが検査に以上ありの場合も未病とされるが、

協会の解釈では、自覚症状も他覚症状もないが検査結果はギリギリ正常または

自覚症状とまではいかないが、気分がすぐれない状態。

 

 

・・・・・・・?

 

 

協会解釈に従うとなると

一体成人の何割が未病になるのか・・・

 

 

そんな独自の解釈は置いといて

伝統的にというか、東洋医学的に

自覚症状か他覚症状のどちらかしかない場合を

未病とするほうが納得感があるのではないでしょうか?

 

 

例えば、

膝が痛いが変形はない→未病

痛みはないが膝の変形はある→未病

特に困ってないが血圧が140を超えている→未病

特に症状はないが高脂血症→未病

 

 

こう考えると

未病に医療費を使わず

生活習慣の指導ができる所に

その分のお金をあげて、

そこに行くようにすれば

いいんではないかと思うんです。

 

 

未病に対して

(さっきの例に対して)

シップで痛みをごまかして、

薬で数値を抑えるだけでは、

何の解決にもなりません。

 

 

むしろ

悪化の一途ですよね。

 

 

KenKenではこの

未病に対してしっかりと

運動と生活指導で対応しています。

 

 

KenKenに痛みを抱えて

来院された方も痛みがなくなったからといって

完治したわけではありません。

 

 

痛みはなくなっても

変形や筋力の低下などの

痛みの原因は残ります。

 

 

この

痛みの原因が

ある限り、運動や

体のケアはやめることはできません。

 

 

体に出ている

サインをいち早く

キャッチして、アプローチしていく

そのキャッチするスピードが遅いと、

体の負担や時間という負担が増えます。

 

 

KenKenでやっていることは

未病のコントロールといっても過言ではないです。

 

 

この未病を制する者が

健康寿命を制することができます。

 

 

あなたも

死ぬギリギリまで

元気で幸せになりたいなら、

未病をコントロールすることを

考えてみてください!

 

 

自分で確認!

未病チェックシート

簡単な質問に答えるだけで

自分の体の状態がチェックできて面白いですよ!

ぜひやってみてください!

 

 

では、

実践レポートの報告です!

 

 


レポート経過日数23日目


 

【ウォーキング内容】

歩行時速:0

歩行時間:0

実施時間:0

 

【食事内容】

朝:なし

主菜:

副菜:

主食:

 

昼:ユアーズ弁当

主菜:

副菜:

主食:パスタ

 

夕:自宅

主菜:肉大根煮、牛肉炒め

副菜:春雨スープ

主食:ごはん

 

【水分摂取量】2.5L

【就寝時間】20:00

【起床時間】7:00

【体の状態】良

【目覚め】可

【寝つき】優

【日中の眠気】なし

【集中力】優

【空腹感】あり

【活動意欲】優

【疲労感】なし

 

 

寝かしつけで

自分もそのまま寝てしまい、

11時間睡眠してしまいました。

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る