整骨院は保険が使えます!はウソです。|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

整骨院は保険が使えます!はウソです。

こんにちは!一生自分の足で歩けるカラダ作りの専門院KenKen接骨院の青森です!

本日のタイトルは整骨院は保険が使えます!はウソ?ということでお送りいたします。

 

整骨院に行かれたことのある方であればご存知だと思いますが、看板に『各種保険適応』とか、『保険診療が可能です』と書かれていて、実際に窓口で保険証を提示すると自己負担分のみの支払いで施術を受けられます。

なので、一般の方は保険が使えるんだという認識になってしまうと思いますが、実は整骨院で取り扱える保険は、病院の医療保険とは違い、『療養費』という呼ばれ方をします。

今回はこの医療保険と療養費の違いを解説していきます。

本来、医療保険とは窓口で自己負担分の料金を支払い、診察を受け、注射などの処置をしてもらい、薬の処方を受ける『現物給付』を原則としています。

しかし、なんらかのやむおえない事情により、保険医療機関に自費で医療行為を受けた場合、特別にその費用を払い戻しますよ、というのが療養費と呼ばれるものです。

例を挙げると、怪我をして装具をしなければいけなくなり、その装具を自費で購入した際、申請を行うと一定の金額が払い戻される、高額療養費や、健康保険証の資格を喪失中に病院にかかった場合の療養費などがこれにあたります。

この療養費の特例として、柔道整復師の施術を受けた場合というのが含まれています。

なぜ、柔道整復師が療養費を取り扱えるかは、歴史的背景が関わるのでここでは触れませんが、療養費が医療保険の中でも特例扱いの上、その特例中の特例として柔道整復師の療養費が認められています。また療養費というのは、本来患者本人が支給申請するものですが、これを柔道整復師は『受領委任』という形で、代理請求できるようになっています。

この療養費ですが、柔道整復師が取り扱えるのは、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷というケガに対してのみ可能なのですが、肩こりや腰痛といった慢性疾患を捻挫や挫傷などと言い換えて療養費を不正に請求している整骨院も多く存在するのが事実です。

もし、あなたが怪我以外で整骨院に通院していて、保険を使って施術を受けているのであれば、知らないうちに不正請求の片棒を担がされていることになります。(それを追求したら整骨院側は、繰り返し加わった外力による亜急性外傷だと医学的に認められていないトンチンカンな主張をするんでしょうけど・・・)知らなかったとはいえ、不正請求の片棒を担ぐなんて嫌じゃないですか?それでも安い方がいいと思いますか?

保険が使えるからという理由で整骨院に通院しているならすぐにやめて下さいね。

今回は、整骨院では医療保険ではなく療養費を取り扱えて、怪我に対してのみ療養費の申請が可能だということを理解していただけたかと思います。

あなた自身だけでなく、ご家族やご友人で整骨院の不正請求の片棒を担がされている人がいたら、教えてあげて下さいね!

 

 



ページトップへ戻る