意外!腰痛と車のボンネットの関係って?|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

意外!腰痛と車のボンネットの関係って?

こんにちは!足健康があなたの「楽しい!」を支える!

歩行専門院KenKen接骨院の青森です!

 

本日のタイトルは意外!腰痛とボンネットの見え方に関係が?

ということでお送りいたします。

 

 


ボンネットの見え方


 

ボンネットの見え方なんて

気にしたことありましたか?

 

 

私はありませんでした。

 

 

しかし、

この調節をすると

なんだか同じ車でいつもの道が

不思議と開けたような違う景色に感じてしまいました。

 

 

そのとき今まで、かなり狭い視界で

運転していたんだなぁ・・・と思いました。

 

で、

ボンネットがどのように見えればいいのか?

答えは1/4見えていればOK!です!

ボンネット

 

 

これ、

腰痛には直接関係ないと

思われるかもしれませんが

とても大切な事なんです。

 

 

ボンネットが

1/4より見えていない場合

前方下側の視界がなくなっていることになり、

必然と背筋を伸ばして下を見るような姿勢になります。

 

 

反対に

ボンネットが

1/4より見えている場合、

上方の視界が邪魔され自然と背中を

丸めるような姿勢になってしまいます。

 

 

どうですか?

視界がこれだけ姿勢に影響すると

思っていましたか?

 

 

私もこの事実を知るまで

運転が好きな方でもないし、

車に特別興味があるわけでもなったので

全くと言っていいほど無意識でした。

 

 

しかしこの

正しいシートの高さ調節の方法を知ることで

正しいシート位置で良好な視界を確保することが

姿勢や腰痛予防にとても大切だということに気付きました。

 

 

ぜひ皆様も

シートの位置の調節を

再度確認して行ってみて下さい!

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

ありがとうございます!

 

 

明日は

5.ハンドル越しにどのくらいメーターが見えていますか?

という、運転姿勢シリーズ最終回をお届します1

ぜひお楽しみに!

ページトップへ戻る