広島から、健康寿命を延ばす10箇条を伝えます~自分のことは自分でする~|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

広島から、健康寿命を延ばす10箇条を伝えます~自分のことは自分でする~

こんにちは!足健康があなたの「楽しい!」を支える!

歩行専門院KenKen接骨院の青森です!

 

 

さて、今回は

健康寿命を延ばす10箇条

  1. バランスの良い食事をきちんと食べる
  2. 定期的に外出する、交通機関を利用する
  3. 楽しく、無理なく運動する
  4. いい友人がいる、ご近所づきあいしている
  5. 健康診断を受ける、自分の薬を把握する
  6. 地域活動、人の役に立つことをしている
  7. 声をあげて笑う、没頭できる楽しみがある
  8. 好奇心、おしゃれ心を忘れない
  9. 自分のことを自分でする、人の意見も聞く
  10. 将来について、家族と話し合う

 

 


自分のことを自分でする


kouhuku

 

当たり前のことだと思いますか?

 

 

自分ことが自分でできるって

意外と当たり前ではありません。

しかも、家族がそうさせていることもあります。

 

 

これは

私が病院に

勤めている時の

話ですが、

 

 

ある、

患者さんの家族が

面会に来られている様子を

見ていたら、患者さんが

その家族に靴を履けないから手伝って

と言っている場面に遭遇しました。

 

 

リハビリの立場からは

病院では自分で出来ているので

手伝ってほしくないのですが、

家族はできないんだ、辛そうだと思って手伝ってしまう。

 

 

確かに

時間がかかるし

辛そうなので、

手伝いたくなるのも

分かるんですが、出来る事は

自分でやらなければ出来なくなります。

 

 

なので

家族は出来る限り、

身の危険がない限り、

我慢して自分でやらせるよう

努力してみてほしいのです。

 

 

また、

もう一つのパターンとして

「気力を失う」

ということがあります。

 

 

特に食事などは

食べる量が減り

食に対する欲がなくなり、

これでいいかと、コンビニや

スーパーの惣菜ですませてしまう・・・

 

 

これは、

パートナーに

先立たれてしまった方に

多く見られるパターンですが、

食に対する興味がなくなると、

肉体的に機能が低下するので、

身体活動を伴うような外出や趣味など

その他のことにも興味を持てず

引きこもりがちになってしまう原因になります。

 

 

どちらも

家族や友人との

関わり方も重要ですが、

「自分のことは自分でやる」

という意志が、永い自立した生活を支える

基盤となることは間違いありません。

sis

 

ご自身の

ご家族に思い当たることはありませんでしたか?

 

 

今は、

関係ないと思っていても

明日は我が身です。

 

 

あなた自身も

気をつけて生活していきましょうね。

 

 

本日は以上です。

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る