子どもにしてあげてほしい褒め方|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

子どもにしてあげてほしい褒め方

こんにちは!広島の産後ママの健康と笑顔を守る!

広島市中区本川町にあるKenKen接骨院の青森です!

 

 

巷にあふれる産後健康法やダイエット法が

体に与える影響を、専門家の立場から医学的に解説し分析して、

分かりやすく皆様にお伝えします。

過去の産後の記事はコチラ

骨盤矯正って何するの?

ポッコリお腹の戻し方

女性ホルモンとは?

生理痛に悩むあなたに教えてあげたいこと

 

 


【子供にしてあげてほしい褒め方】


 

 

今回は、

子供との

コミュニケーション

についてのひとつの方法を

ご紹介します。

 

 

あなたは

お子さんを褒める時、

どんな言葉を使っていますか?

 

 

大人同士でも

言葉で気持ちや

意思を伝えることは

とても重要な事ですね。

 

 

大人より

感受性の高い

子どもに、気持ちや意思を

言葉を使って伝えることって

もっと重要なのではないでしょうか?

 

 

だとすると、

同じ出来事に対して

どんな言葉を使って伝えるのかが

とても大切になると思います。

 

 

そこで

意識してほしいのが

『Iメッセージ』です。

 

 

Iメッセージとは

その名の通り『I:私は~』から

始まる言葉で伝えるということです。

 

『Iメッセージ』の反対は

『Youメッセージ』です。

 

 

Youメッセージとは

『You:あなたは~』から始まるメッセージ。

 

具体的に例をあげると、

お子さんが、嫌いなピーマンを残さず食べたとします。

 

 

その時、

いつものあなたならどうやって

褒めてあげていますか?

 

 

『偉いね!ピーマン食べれたね!』

『すごいね!ピーマン残さなかったね!』

 

 

こんな感じで褒めていませんか?

 

 

これは『Youメッセージ』です。

 

 

では、『Iメッセージ』はというと

 

 

『ピーマン全部食べてくれて、嬉しいな!』

『頑張って作って良かった!』

 

 

という感じです。

 

 

どちらが良いとか

悪いというのではなく、

大切にしたいのは『貢献感』です。

 

 

Youメッセージで伝えた場合、

貢献感が生まれにくく、

その行為にフォーカスしてしまいがち。

 

 

苦手なものを

食べたら褒められるんだ!

 

 

褒められて嬉しい→もっと褒められたい!

 

 

という思考になりやすく、

もし同じような場面で褒められなかったら、

『なぜ?』と、不満を持つようになります。

 

 

『Iメッセージ』で伝えた場合は、

 

 

ピーマン食べたら、

お母さんが喜んでくれている!

 

 

お母さんが喜んでくれて嬉しい→お母さんをもっと喜ばせたい

 

 

と、貢献することに喜びを感じてくれます。

 

 

また、

『Youメッセージ』では

行動への評価になりやすい傾向もあり、

親子間で上下関係を強めてしまうことも。

 

 

Iメッセージは

子どもに対してだけでなく、

大人同士のコミュニケーションにも

使えるので、恥ずかしがらずに旦那さんにも

Iメッセージでコミュニケーションをとってみては

いかかでしょうか?

 

 

最初は

意識しないと

難しいですが、

ぜひトライしてみてください!

 

きっと

今までとは

お子さんとも

旦那さんとも関係が

変わってくると思いますよ!

 

KenKenの骨盤矯正を受けてみたい!

無料骨盤チェックで体の状態を確認したい!

そう思った方はぜひこちらをご覧ください!

産後骨盤矯正&フェイシャルの体験について

無料!骨盤チェックで自分の状態を確認しよう!

 

 

P.S

産後ママのあなたへ

出産という、とてつもない

経験をして、肉体的にも精神的にも

ダメージが残る中、すぐに家事に育児と奮闘されている方も

多いと思います。

 

 

確かに

子どもにとって

母親はあなただけです。

だから頑張るのは当然!

その気持ちはとても素晴らしいし、

尊敬します。

 

 

でも、

同時に頑張りすぎていないか

心配になります。

 

 

子どもにとって

母親はあなただけ…

だからこそ、

お母さんにも健康で笑顔でいてほしいのです。

私はそのお手伝いをしたいと思っています。

 

 

自分ができない範囲を

人に頼るのは悪いことではありません。

 

ぜひ頼れるところを見つけて

頼ってくださいね。

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る