子どもがほしい!なにをすればいいだろう?-基礎体温編ー|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

子どもがほしい!なにをすればいいだろう?-基礎体温編ー

こんにちは!

広島のママの健康と笑顔を守る!

広島市中区の本川町にある

KenKen接骨院の

原田です!

 

巷にあふれる

子どもを授かるためにいいことや

産後健康法やダイエット法

子育て理論が

子どもやママにどんな影響を与えるのか

専門家の立場から

医学的に解説し分析して

わかりやすく

皆様にお伝えします

 

かつ私も二児のママ、主婦、女性なので

気楽に見てもらえれば

幸いです

 

今日は基礎体温について

お話したいと思います

 

そもそも基礎体温とは

寝起き直後の体が一番安静な状態にあるときの

体温のことを指します
人間が活動するうえで

必要最低限の体温です

 

正しく測るには

朝目が覚めて

体を動かさず寝たままの状態で

計測する必要があります

 

女性の基礎体温は生理周期により
体温が低い「低体温期」
低体温期から0,3~0,5度高くなる

「高温期」の二相に分かれるのが特徴です

 

 

低温期
生理開始から次の排卵日のことを指します
エストロゲン量が増加して

低温の状態が続きます
この低温期の終盤に急に体温が下がる日が

排卵日となります

 

 

高温期
排卵日から次の生理までの期間に見られます
排卵して黄体ホルモンが増える時期に体温が上昇します

 

 

気になる妊娠したときの

基礎体温グラフの特徴が


・高温期が14日以上続く
・普段の基礎体温よりも0.5度~1・0度高くなる

 

 

高温期で増加している黄体ホルモン

別名プロゲステロンは

主に受精卵が着床しやすいように

子宮内膜を柔らかくし

体温をあげる作用があります
妊娠しなかった場合

プロゲステロンが減少し

生理を起こすと同時に

低体温期にはいります
やはり個人差があり一概には言えませんが

高温期がいつもより長く続いていると

妊娠の可能性があるということだと思います

 

 

妊娠超初期とは妊娠0~4週のことを指します
妊娠3週頃に受精卵が子宮内膜に着床しますが

まだ妊娠検査薬は反応しないので

妊娠しているかもしれないと

考えられるのが

妊娠超初期症状として

高温期の途中で

突然体温が下がる日が

あると言われています
これを「インプランデーションディップ」

とよばれています
ただし医学的に絶対この現象が起きるわけでなく

この症状がなくても妊娠している場合があります

 

 

ずっと妊娠している間基礎体温が高いわけではありません
主に3つの原因があります

胎盤が完成してきたから
赤ちゃんのベットである胎盤が

できあがってくると

プロゲステロンが胎盤から分泌されるようになるため

体に及ばす作用が小さくなり

基礎体温がさがります
早い人だと

妊娠12週~15週くらいで

遅い人だと

20週頃には基礎体温は低下してきます

 

 

流産の可能性
妊娠12週よりもっと前に

基礎体温が低下したときは流産の可能性もあります
高温期の続く必要がある時期に

基礎体温の低下がみられたら

産婦人科を受診してみましょう
基礎体温の測り方がよくないとき
基礎体温はその日の体調によっても

左右されるほど敏感です

毎朝同じ時間

寝たままで計測することを意識しましょう

 

基礎体温をしっておくと

妊娠するためにももちろん

妊婦生活やホルモンバランスによりかわる体調など

自分自身で体の管理ができるようになるので

普段から計測することをおすすめします

 

 

LINEだけの限定クーポンがあります!

下記ボタンより  友だち追加後

「KenKen」と返信して下さい!

友だち追加

P.S

これからママになりたいあなたへ、

どうやったら赤ちゃんと出会えるだろう

私もいつも考えてしました。

仕事をしていると生活は不規則だし

運動だって満足にできないし

日常生活の悩みは尽きませんが

赤ちゃんと出会いたい

その気持ちだけでできることはたくさんあります

しかも日常生活の中で簡単に!

がんばりすぎず

未来のわが子に出会うために

少しずつ

少しずつ

できることをしていきましょう

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

メールする

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

また次回をお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る