健康寿命習慣実践レポート〜14日目〜|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

健康寿命習慣実践レポート〜14日目〜


こんにちは!足の健康があなたの「楽しい!」を支える!

歩行専門院KenKen接骨院の青森です!

 

 


健康寿命習慣実践レポート~一日一食編~


 

 

【一日一食生活14日目】

 

 

突然ですが

ミルトン・エリクソン

という人物をご存知でしょうか?

 

 


 ミルトン・エリクソン


mirutonerikuson

 

アメリカの

心理学者で、

催眠療法の天才

と呼ばれた彼は、

人の体に触れることなく

脈拍が測れたり、本人すら気付いていない段階で

妊娠が分かったりするほど観察力に優れていたといいます。

 

 

そんな

彼の逸話で

ひどい肩こりの

患者を診た時の話があります。

 

 

まず、

どこに行っても

良くならなかった

その患者の肩こりに

エリクソンは点数をつけるよう

指示しました。

 

 

患者は

8点くらい

と答え、辛そうにしていたそうです。

 

 

次に

エリクソンは

その肩こりが7点の時を

イメージするよう指示しました。

 

 

すると、

患者は「あぁ、少し楽な感じだ」

と答えたそうです。

 

 

結局、

そのまま

点数を徐々に

下げるようイメージさせ

最後には肩こりを感じないまでに

なってしまったそうです。

 

これはスケーリング・クエスチョン

と呼ばれる手法ですが、

ここから分かることは、

人間のイメージする力は

体に多大な影響を与えるということ。

 

 

そして、

自分は良くなると、

強く本気で思う事です。

 

 

接骨院や

治療院にかかる場合でも

自分で治すという自覚がなく

受身で体を任せているだけの人は

施術の良し悪し関係なく、

なかなか良くなりません。

 

 

逆に、

何でこんだけで

良くなったの?

 

 

と思う様な方は

例外なく自分で良いイメージを持っていたり

良くなった後の事をありありとイメージできている方ばかりです。

 

 

そのイメージと

現実が近くなることで

本当に信じられるようになり

症状が消失していくのかもしれません。

 

 

私たちは、そのイメージに

体の状態を近付けるお手伝いをしているに

過ぎないのかもしれません。

 

 

では、

実践レポートの報告です!

 

 


レポート経過日数14日目


【食事内容】

メニュー

主菜:豚肉ときくらげの中華炒め、牛トマト煮

副菜:胡麻和え、冬瓜あんかけ

主食:ごはん

 

【満腹度】腹10分目

【水分摂取量】1.5L

【就寝時間】22:00

【起床時間】5:00

【体の状態】良

【目覚め】良

【寝つき】良

【日中の眠気】なし

【集中力】良

【空腹感】あり

【活動意欲】優

【疲労感】あり

 

 

今週末は

カープ・・・

ではなく、

元従業員の

住田先生の結婚式です!

 

 

乾杯の発声の

イメージトレーニングしときます!

 

 

 

またその様子もブログに書きますので、

お楽しみに!

 

まだ、

体重は公表しませんよ。

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る