健康寿命を延ばす10箇条~基準なきところに改善なし~|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

健康寿命を延ばす10箇条~基準なきところに改善なし~

こんにちは!足健康があなたの「楽しい!」を支える!

歩行専門院KenKen接骨院の青森です!

 

 

さて、今回は

健康寿命を延ばす10箇条

  1. バランスの良い食事をきちんと食べる
  2. 定期的に外出する、交通機関を利用する
  3. 楽しく、無理なく運動する
  4. いい友人がいる、ご近所づきあいしている
  5. 健康診断を受ける、自分の薬を把握する
  6. 地域活動、人の役に立つことをしている
  7. 声をあげて笑う、没頭できる楽しみがある
  8. 好奇心、おしゃれ心を忘れない
  9. 自分のことを自分でする、人の意見も聞く
  10. 将来について、家族と話し合う

 

 


健康診断を受ける


kennsinn

 

健康診断受けていますか?

 

 

健康診断を受ける

目的は何でしょう?

 

 

健康診断については

科学的根拠がないとする

調査研究結果がありますが、

健康診断で病気を発見することを

目的とするのではなく、今の体の状態や、

自分の生活習慣を評価してもらうことを目的とするなら

十分意味のあることだと思います。

 

 

では、健康診断を受けるのはどうすればよいのでしょう?

 


健康診断の受け方


 

 

会社に勤めている方は

毎年の健康診断があるかと思いますが、

それ以外の主婦の方はどうすればいいのでしょうか?

また、定年退職した後の場合どうすればいいのでしょうか?

 

 

まず主婦の方が健康診断を受ける方法は

2パターンあります。

 

 

  • 配偶者の会社が、健康診断の費用を負担してくれる「主婦検診」
  • お住まいの地域または病院にて、実費で行う検診

 

 

配偶者の会社側が負担してくれる

「主婦検診」は、配偶者と共に無料で

健康診断を受けることができます。

そういった制度がない場合には、

お住まいの市町村で行っている検診に参加するか

個人的に病院にて検診を受ける必要があります。

個人的に病院にかかり

健診を受ける場合の費用は

病院の設備等にもよりますが、

約9000円~1万円が平均的な金額のようです。

 

 

市町村で行っている

健診は専業主婦の方も含め、

定年退職された方や自営業者の方が利用できますが、

40歳以上の方に限られるなど、自治体によって違いがありますので

自治体に問い合わせて確認するしかないようです。

 

 


まとめ


 

 

健康診断は、現在の身体の状態の確認と

生活習慣の評価を行うことを目的として受ける。

 

 

会社勤め以外の人は

自治体に問い合わせてみる。

 

 

どんなことにも

基準がないと改善しようがないように、

健康についても定期的に客観的な評価をもらうことは

とても大切なことだと思います。

 

標準(基準)なきところに改善なし by トヨタ

 

 

私も近日中に健診を受けてみようと思います。

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る