もし熱中症になったら、どうするの?|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

もし熱中症になったら、どうするの?

こんにちは!一生自分の足で歩けるカラダ作りの専門院KenKen接骨院の青森です!

 

本日のタイトルはもし熱中症になったら、どうするの?ということでお送りいたします。

 

熱中症対処法

 

熱中症の対処法ですが、

タイプ別に4つご紹介します。

 

 

・熱失神

めまいや冷や汗、

一時的な失神がみられる熱失神は、

脳に血液が回りにくくなっている状態です。

衣服をゆるめ、足を頭より高くし、

すみやかにエアコンなどの効いた

涼しい場所に移動して水分補給をしましょう。

この時、わきの下や太ももの付け根を冷やせると、速く体温が下がります。

 

 

・熱けいれん

手足のけいれんに加えて筋肉痛などを覚える熱けいれんは、

大量に汗をかいたあと、水だけ飲んで塩分を取らなかった場合に起こります。

応急処置としては、上記の対処に加えて塩分の補給をしましょう。

1リットルの水に9gの食塩を入れた生理食塩水を作り、それを飲むことで回復します。

 

 

・熱疲労

全身の倦怠感や嘔吐、頭痛がみられたら、熱疲労を疑います。

大量に汗をかいたことにより重症の脱水症状を起こしているため、

塩分を含んだ水分を補給してください。

緊急を要するので、

スポーツドリンクなどで水分と塩分をすみやかに摂取させましょう。

また、脱水により血液の水分が少なくなり、

ドロドロ血液となるため、血液が体を回りにくくなっているため、

熱失神と同じように足を頭より高く上げて休ませます。

 

 

・熱射病

体温が高く、不自然な言動や意識障害がみられる熱射病は、

命の危険がある重症の熱中症です。

体温が異常に高くなってしまっているため、

できるだけ早く体温を下げる必要があります。

熱射病を疑ったら、すぐに救急車を呼びましょう。

到着するまでの間、首やわきの下、

太ももの付け根に氷や保冷剤などを当て、体温を下げます。

 

 

周りに熱中症を

疑う症状が出ている人を

見かけた場合、

あわてず涼しい所へ移動しましょう

そして、水分と塩分を補給してあげましょう。

 

 

 

これからの時期

熱中症になる可能性が増えてきます。

 

 

熱中症の対策

熱中症の対処

しっかり心がけて

過ごしてみて下さいね!

 

 

次回は、

水分摂取の方法について解説します。

お楽しみに~!

ページトップへ戻る