まだやりたいの!の意思表示|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

お悩み改善法

まだやりたいの!の意思表示

こんにちは!広島の産後ママの健康と笑顔を守る!

広島市中区本川町にあるKenKen接骨院の青森です!

 

 

巷にあふれる産後健康法やダイエット法、子育て理論が

子どもや産後ママにどんな影響を与えるのか、専門家の立場から医学的に解説し分析して、

分かりやすく皆様にお伝えします。

 

 イヤイヤ期と向き合うシリーズその5


【まだやりたいの!】


 

 

子どもが

夢中になって

やっていることを

突然止めてしまって

いませんか?

 

 

ごはんの時間だから、

お出かけするから、

と勝手に片づけ始めたり

していませんか?

 

 

こんな時

子どもは「まだやりたいの!」

と中断されることに対して

癇癪を起します。

 

 

これ、良く考えてみると

自分がされても不快ですよね。

 

 

趣味などの好きなことをしてる時に、

突然、「もう終わり!」と、全てを

取り上げられてしまったらどうでしょうか?

 

 

何だか、自分のことを無視されたり、

否定されたように感じて、

とても悲しい気持ちになりますよね。

 

 

子どもも同じように感じるはずです。

 

 

とは言っても、

時間になったら

片付けてもらわないと困るし、

いつまでもやらせておくことはできないし・・・

 

 

どうしたらいいの?

と思います。

 

 

そこで、どのように

対処したらいいかというと、

「話し合いをする」です。

 

 

どやって?と思いますよね。

 

 

子どもは、

だいたい1歳半くらいには

大人の言っていることの

簡単な内容は理解しているといわれます。

 

 

具体的に

どうしたいか

話せるようになるのは

もう少し先の話ですが、

「Yes」か「No」で答えられるような

簡単な質問なら子どもも理解できます。

 

 

例えば、

「あと10回やったらご飯食べようね~」

「あと10数えたらお片付けしようね~」

と基準を与えてあげてください。

 

 

そして一緒に数えながらやることで、

数を数える概念の形成や終わるということを

意識できるようになります

 

 

ただ、子どもが

話し合いで決めたことを

ずらそうとしたり、

守れないこともあると思います。

 

 

そんな時は、

話し合って決めたことなので

絶対に守らせてあげてください。

 

 

どんなに泣こうが

わめこうがママも

守り切ってください。

 

 

泣き続けたり

怒り続けるようなら、

「関わらない」に切り替えます。

 

 

そうすることで

子どもがこのやり方では

いけないということを学び、

違う行動や方法を考えるようになります。

 

 

そうしていい行動や方法をした時に

しっかり褒めてあげてください。

スキンシップをしてあげてください。

 

 

KenKenの骨盤矯正を受けてみたい!

無料骨盤チェックで体の状態を確認したい!

そう思った方はぜひこちらをご覧ください!

産後骨盤矯正&フェイシャルの体験について

無料!骨盤チェックで自分の状態を確認しよう!

 

 

うちの息子も

話し合いをするようになってから、

お風呂で10数えて上がるようにしたら、

自然と10数えると遊びを辞めて

お風呂から上がるようになりました。

 

 


産後の体についてのブログはコチラ

 産後骨盤矯正&フェイシャルトリートメントについて

骨盤矯正って何するの?
ポッコリお腹の戻し方
お腹のたるみの原因とは?
施術や運動について
産前産後に激変!女性ホルモンとは?

産後肌トラブル
生理痛についてあなたに知っておいて欲しいたった一つのこと
産前にやっておくといいこと
産後太り解消法
骨盤ベルトの必要性
骨盤が開くって?
骨盤矯正は必須?

 

 


P.S

産後ママのあなたへ

出産という、とてつもない

経験をして、肉体的にも精神的にも

ダメージが残る中、すぐに家事に育児と奮闘されている方も

多いと思います。

 

 

確かに

子どもにとって

母親はあなただけです。

だから頑張るのは当然!

その気持ちはとても素晴らしいし、

尊敬します。

 

 

でも、

同時に頑張りすぎていないか

心配になります。

 

 

子どもにとって

母親はあなただけ…

だからこそ、

お母さんにも健康で笑顔でいてほしいのです。

私はそのお手伝いをしたいと思っています。

 

 

自分ができない範囲を

人に頼るのは悪いことではありません。

 

ぜひ頼れるところを見つけて

頼ってくださいね。

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る