かまって欲しい!|広島市中区本川町にあるフィットネスジム併設の整骨院|腰痛・ひざ痛・股関節の痛み

  • 0829615733
  • お問い合わせ

丈夫な足と健幸習慣を手に入れ、死ぬまで旅行を楽しむ方法

かまって欲しい!

こんにちは!広島の産後ママの健康と笑顔を守る!

広島市中区本川町にあるKenKen接骨院の青森です!

 

 

巷にあふれる産後健康法やダイエット法、子育て理論が

子どもや産後ママにどんな影響を与えるのか、専門家の立場から医学的に解説し分析して、

分かりやすく皆様にお伝えします。

 

 イヤイヤ期と向き合うシリーズ4


【かまって欲しい!】


 

 

今回は、単純に何か満たされない時に

起こるイヤイヤです。

 

 

子どもは、ママにかまって欲しい時や

甘えたい時などに、何とかしてママの

気を引こうとします。

 

 

泣いて訴える、

反対言葉を言う、

心にもないことを言う、

こんな時は心のサイン。

 

 

何か満たされない思いや、

不安を感じている時なので、

この時は子どもにしっかり

付き合ってあげてください。

 

 

以前、癇癪を起した子供には

関わらないことが一番の薬だと

書きました。

 

 

今回は一見矛盾していることを

書いているようですが、

子どもの心の中では違います。

 

 

この時は不安や満たされない思いを感じて

要求しているのです。

 

 

決してママを思い通りに動かしたい、

自分の思い通りにしたい、

という訳ではないのです。

 

 

この二つの違いの見分け方は、

泣き方と表情です。

 

 

不安や満たされない思いがある場合、

子どもはママから離れようとしません。

とにかく泣く、間髪入れずに泣く!です。

 

 

逆に思い通りにならない時は、

地団駄を踏むように、怒って泣いています。

 

 

この二つの特徴の違いを意識して

観察していると、どっちの対応をしてあげるべきか

分かってくると思います。

 

 

また、不安や満たされない思いを感じている時は

しっかり抱きしめてあげたり、プラスの関わりを

意識してあげてください。

 

 

そうして子どもとのスキンシップを通して、

愛情を伝えてあげる事で、不安や満たされない思いが減り

徐々に癇癪を起す回数や度合いも減っていきます。

 

 

うちの息子は

満たされない思いがあると

必ず妻に寄っていきます・・・笑

 

 

逆に何か思い通りにしたい時は、

私の方へ寄ってきます。

 

 

言う事を聞いてくれる人、

という認識なんでしょう。

 

 

子どもは何でも分かっているんですね。

 

 

ブログで偉そうなことを書いているわりに、

自分の子どもでは思い通りにはいきませんね。

 

 

あなたも、思い通りに行かないことなんて

山の様にあると思います。

 

 

けど少しだけトライする気持ちを持って、

子どもと接してみてくださいね!

 

KenKenの骨盤矯正を受けてみたい!

無料骨盤チェックで体の状態を確認したい!

そう思った方はぜひこちらをご覧ください!

産後骨盤矯正&フェイシャルの体験について

無料!骨盤チェックで自分の状態を確認しよう!


産後の体についてのブログはコチラ

 産後骨盤矯正&フェイシャルトリートメントについて

骨盤矯正って何するの?
ポッコリお腹の戻し方
お腹のたるみの原因とは?
施術や運動について
産前産後に激変!女性ホルモンとは?

産後肌トラブル
生理痛についてあなたに知っておいて欲しいたった一つのこと
産前にやっておくといいこと
産後太り解消法
骨盤ベルトの必要性
骨盤が開くって?
骨盤矯正は必須?

 

 

 


P.S

産後ママのあなたへ

出産という、とてつもない

経験をして、肉体的にも精神的にも

ダメージが残る中、すぐに家事に育児と奮闘されている方も

多いと思います。

 

 

確かに

子どもにとって

母親はあなただけです。

だから頑張るのは当然!

その気持ちはとても素晴らしいし、

尊敬します。

 

 

でも、

同時に頑張りすぎていないか

心配になります。

 

 

子どもにとって

母親はあなただけ…

だからこそ、

お母さんにも健康で笑顔でいてほしいのです。

私はそのお手伝いをしたいと思っています。

 

 

自分ができない範囲を

人に頼るのは悪いことではありません。

 

ぜひ頼れるところを見つけて

頼ってくださいね。

 

 

何か体のことで疑問に思うことや

記事の中で分かりにくかった部 分など

お気軽にメールでご相談ください!

 

 

メールする

 

 

本日も

ブログをご覧いただき

本当にありがとうございます!

 

また次回をお楽しみに!

ページトップへ戻る